外傷(切り傷・擦り傷・やけど)の治療は東京外科クリニックにお任せください。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火水金土】9〜17時半 【木】12〜17時半
※木曜以外の14〜16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

切り傷、擦り傷、やけど
外傷

当クリニックでは、外科専門医による傷の縫合を行っております。 外傷は早期に対応することで、その後の化膿やくすみを最小限に抑えることができます。 健康保険の適応となりますので、お早めにご相談ください。

手術と手術後のケア

これら外傷の手術にかかる時間は、約30分程度とお考えください(大きなものでも1時間程度です)。

手術翌日に外来にて経過を確認させていただきます。
問題がなければその後1〜2週間後に抜糸を行います。

傷あとについては、その後半年から1年かけて徐々に目立たなくなっていきますので、ご安心ください。1〜2ヶ月後には再度来院していただき、傷あとの経過を診察いたします。

症例報告

当クリニックでは、外科専門医による傷の縫合を行っております。
こちらでは外傷の縫合の症例を紹介させていただきます。
割れた食器で手指間を受傷してしまった患者さまの縫合例です。

受傷時

写真ではわかりにくいですが、傷は案外深いため、縫合が必要と判断しました。

縫合直後

細い糸で縫合いたしました。
皮膚の段差ができないように、細心の注意を払い行っています。

1週間後

1週間後、抜糸直前に撮影した写真です。

抜糸直後

糸を抜いた直後の写真です。
縫合箇所の周囲の皮膚に炎症が残っていますが、じきにきれいになります。

術後1ヵ月経過

赤みが消え、時間経過とともに痕が目立たなくなっていきます。
日焼けにより色素沈着するおそれがあるので、紫外線を避けるように指導してい ます。

このページの先頭に戻る