鼠径ヘルニアの手術は東京外科クリニックへ。実績豊富な医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・土】9~14時【水~金】9~16時半
※14~16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

鼠径ヘルニア(脱腸)を治療せずに放置するとどうなるの?

鼠径ヘルニア(脱腸)は自然に治ることはありません

大人の鼠径ヘルニア(脱腸)は自然治癒することはなく、また薬などの治療法もないため、手術による治療が唯一根治可能です。

ヘルニアバンド(脱腸帯)というものを使用している方もいらっしゃいますが、これは脱腸を外から抑えることで、一時的に鼠径ヘルニアの症状を軽くするものです。しかし、これはその場しのぎですので、これにより鼠径ヘルニアが治ることはありません。むしろ、ヘルニアバンドの圧迫により、皮膚障害や内臓の損傷を引き起こす可能性があります。

ヘルニアの膨らみの大きさは人それぞれであり、ピンポン玉や鶏の卵程度の大きさに感じることもあります。ヘルニアを触ると、柔らかく、手で押したり、身体を横にすることでたいていは引っ込んでしまいます。そのため、不安には思っているが、放置してしまうケースが多くあります。その後、症状を繰り返し、ヘルニアの膨らみも徐々に大きくなって、軽い痛みを感じることもあります。

放置してしまうと?

悪化してもなお放置していると、押しても引っ込まず、痛みも強くなっていきます。そして、歩くのもつらくなるというような状態になることもあります。この「歩くのもつらい」という状態を「嵌頓(かんとん)」といいます。この段階になると、腸閉塞や腹膜炎などを引き起こしやすくなり、命に関わることもありえます。

そうなってしまう前にきちんと受診することをおすすめします。

最後に

日常聞きなれない病名から不安な気持ちになっておられる方もいらっしゃると思いますが、治療可能な病気ですのでご安心ください。

手術の時期決定は最終的には患者様のお気持ち・状況次第ではありますが、当院では日帰りで苦痛少なく治療を受ける事ができます。まずはお気軽に相談下さい。

ご予約はこちら>>>
もしくは03-5283-8614にお電話ください!

当院の手術の特徴はこちら>>>

鼠径ヘルニアサイトTOPページはこちらから>>>

このページの先頭に戻る