鼠径ヘルニアの手術は東京外科クリニックへ。実績豊富な医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・木・土】9~14時
      【水・金】9~16時半

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

鼠径ヘルニア(脱腸)のこんな症状に要注意!

太ももの付け根にふくらみがある?!

咳をしたり重い荷物を持ち上げるとき、お腹に力が入ったとき、太ももの鼠径部(つけね)にこぶのような膨らみや違和感を感じたことはありますか?

その膨らみが、痛みもほとんどなく張ったような違和感がある程度で、横になったときや押すと元に戻ってしまうようであれば、それは鼠径ヘルニア(脱腸)の可能性があります。

鼠径ヘルニア(脱腸)の初期症状

・お腹が張ったような感覚

・ 押すともとに戻る柔らかい膨らみ

・立ち上がったり、お腹に力を込めた際につっぱる感じがする

・ 突っ張り感

・ 不快感や違和感

 

進行した鼠径ヘルニアの症状

・ 立ち続けていると痛みが強くなる

・ 膨らみが硬くなりもとに戻らない

・ 吐き気

 

鼠径ヘルニア(脱腸)は早期発見・治療が大事です!

鼠径ヘルニアを放置し症状が進行してしまうと、膨らんだ部分が出っ張ったままになり、膨らみが硬くなったり、手で押しても元に戻らなくなっていきます。

このような状態を陥頓(かんとん)と言い、すぐに治療を受ける必要があります。

ここまで進行すると、お腹に強い痛み、吐き気も症状として現れます。

鼠径ヘルニアの解決方法は現在手術以外にはなく、自然治癒することはありません。

最後に

普段聞くことのない病名から不安な気持ちになっておられる方もいらっしゃると思いますが、治療することができる病気ですのでご安心ください。

手術の時期決定は最終的には患者様のお気持ち・状況次第ではありますが、当院では日帰りで苦痛の少ない治療を提供しています。まずはお気軽に相談下さい。

ご予約はこちら>>>
もしくは03-5283-8614にお電話ください!

当院の手術の特徴はこちら>>>

鼠径ヘルニアサイトTOPページはこちらから>>>

——————————————————–
■文責
医療法人社団博施会理事長 大橋 直樹
(日本外科学会認定外科専門医)

このページの先頭に戻る