鼠径ヘルニアの手術は東京外科クリニックへ。実績豊富な医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・木・土】9~14時
      【水・金】9~16時半

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術の費用

鼠径ヘルニアの手術を日帰りで実施することで以下のメリットがあります
・入院の必要がない
・医療費を抑えることができる
・仕事復帰も早く日常生活への影響が少ない

特に、費用の面においては入院する費用もかからず、治療費と術後の通院代のみで済みます。
鼠径ヘルニア(脱腸)の手術は保険適用です。したがって、国内の医療機関ではかかる費用の差ほとんどありません。

鼠径ヘルニアの日帰り手術による自己負担額(健康保険3割負担の場合)は以下となっております。

「日帰り腹腔鏡手術法による鼠径ヘルニア手術」:約120,000円

また、「高額療養費制度」というものがあり、所得状況によっては、この制度を活用でき、自己負担限度額を超えた部分の費用が支給されます。

ご自身の自己負担限度額をお知りになりたい方はこちらのサイトが有用です。
高額療養費の自己負担限度額シミュレーション(価格.COM)」

高額療養費制度が活用できる場合の、鼠径ヘルニア日帰り手術の費用は約81,000円となります。

所得が多いために「高額療養費制度」が活用できない、いわゆる高額所得者のかたにとってはメリットが少ないかといわれると決してそうではありません!

入院による腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を行う場合、約17万円かかるため、もちろん、日帰り手術で行うことで費用的なメリットがあることは間違いありません。

そして、実際に高額所得者の皆様の需要は多いのです。生産性の高い方々こそ、入院や痛みにより仕事を数日間休むことによる、機会損失を最小限にしたいと考えているからです。
つまり、全体的な生産性を第一に考えると、おのずと腹腔鏡手術を日帰りで受けるという選択肢に絞られていくのです。(腹腔鏡手術のほうが痛みが少ないことは医学的にも証明されており、日本ヘルニア学会のガイドラインにも記載されています)

また、民間の医療保険もご契約内容によっては利用できる場合があります。

日帰り手術の必要なその他の費用として、手術前の検査(保険適用)に5000円前後かかります。周術期用品実費として保険診療の扱いとは別に3,500円を頂戴することがあります。(高齢、ある種の服薬など一部のかたのみ)

当院の日帰り手術をより詳しくご覧になりたい方はこちらをご覧くださいhttps://www.tokyogeka.com/hernia/#a_point

鼠径ヘルニア手術の初回診察はこちらよりご予約ができますhttp://airrsv.net/tokyogeka/calendar/embed/

——————————————————–
■文責
医療法人社団博施会理事長 大橋 直樹
(日本外科学会認定外科専門医)

このページの先頭に戻る