鼠径ヘルニアの手術は東京外科クリニックへ。実績豊富な医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・木・土】9~14時
      【水・金】9~16時半

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

鼠径ヘルニア手術後の性行為について

鼠径ヘルニアの手術後の性行為についてご質問をいただくことがあります。

確かに、デリケートな問題だと思います。

結論から申し上げますと、手術を受けてから何日後ならいい、ということであまり神経質になる必要はありません。

ご自身が苦痛を感じずに、楽しく行為にを呼べるようであれば、いつ始めていただいても問題はありません。

ただし、痛みの感じ方・期間は人それぞれなので、
男性女性とも、快適に始められる時期には個人差があります。

例えば、男性であれば手術後早期に射精をしてしまうと射精時に痛みが出るという

報告もあります。また、体位を変える際に腹圧がかかり、そこで痛みが出るということもありえます。

ですので、当院の案内では、手術が終了してから2週間というようにご案内をしていますが、ご本人が問題なくできそうだということであれば、時期を早めていただく分には構いません。また、時期を早めて万が一、苦痛が生じた場合も、それが原因で手術の出来栄えが長期的に悪くなってしまうということにはつながりませんので、その点はご安心いただければと思います。

当院で手術を申し込まれた患者様に関しては、電話あるいは診察でもこの件について深くご質問にお答えすることは可能です。特に男性の患者様が、女性の看護師に質問されるのは敷居の高いことだと思いますので、院長に直接聞いていただいて構いません。

マンガでわかる

鼠径ヘルニアは日帰り手術で治る

~痛みが少ない腹腔鏡手術の秘密~

 

当院の鼠径ヘルニア日帰り手術に関してマンガでまとめていますので、

こちらもお読みください。

当院の鼠経ヘルニア日帰り手術に関してマンガでまとめていますので、 こちらもお読みください。

 

 

 

 

 

 

——————————————————–

■文責

医療法人社団博施会理事長 大橋 直樹

(日本外科学会認定外科専門医)

このページの先頭に戻る