鼠径ヘルニアの手術は東京外科クリニックへ。実績豊富な医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火~土】9:00~12:00

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

なぜ日帰りの虫垂切除のニーズが増えているのか

実は欧米のガイドラインだと虫垂切除は発症したらただちに行うべしとあります。つまり緊急手術ですね。

しかし、わが国では、最近は保存的治療いわゆる「薬でちらす」ことがごく一般的に行われています。

たしかに何十年も前は緊急手術でやっていたんですよ。なぜ、緊急でやることが少なくなったのか。

それは、緊急手術にはデメリットがたくさんあるからです。薬剤だけで急場をしのぐことができるならそのほうがよいと考える医療者が多いのです。

東京外科クリニックも、この流れを間違ったこととは考えていません。

欧米に倣えば、確かに違うかもしれませんが、緊急手術が良いことばかりなはずもありません。

緊急手術だと、患者も医療者も十分な準備ができません。

思わぬ併存疾患が見逃され、虫垂炎の治療以外のトラブルがあるかもしれません。

それに、緊急手術は人員の招集、予定業務の圧迫など医療機関側の負担も大きいのです。予定手術で組めればお互いそのほうがいいと考えるのも道理です。

しかし、ここに問題があります。患者さんが失う時間がなにしろ多い!

現在、虫垂炎で入院する場合の我が国の平均在院日数は約5日。手術をうけようがうけまいがあまり変わりません。

つまり、とりあえず薬でちらして一旦退院して、そのあと再入院で手術で根治をしてもらうにしても、また同じだけの日数拘束されてしまうのです。

虫垂炎とひとことで言っても病態が個人で異なるので、症例ごとに対応していく必要があります。

しかし、ほとんどの虫垂切除は、再び入院させるのではなく日帰りで行うことができます。

待機的手術は予定日を決めて、きちんと準備をしてから行う安全性の高い手法です。

腹腔鏡と日帰りという東京外科得意の組み合わせにより、患者さんの希望をかなえられるとよいと思っています。

■文責
医療法人社団博施会理事長 大橋 直樹(日本外科学会認定外科専門医)

当院の虫垂炎(盲腸)日帰り手術に関してマンガを作成いたしましたので、ぜひこちらもご覧ください!!

このページの先頭に戻る