鼠径ヘルニアの手術は東京外科クリニックへ。実績豊富な医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火~土】9:00~12:00

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

胆石症手術の入院と日帰り手術について

胆石による痛みは右の上腹部(あるい季肋部という部位)に発生します。

胆石があるなら、必ず痛くなるというものではありません。一生のうちに一度も痛くならずに天寿を全うする人もいます。

「では手術が必要なタイミングはいつなのか?」

何回痛くなったら手術を受けるべきかについては見解次第ですが、胆石症あるいは胆嚢炎の根治は手術が必要です。

特に次のような方には手術が必要であると当院では考えております。

・急性胆嚢炎あるいは胆石発作を繰り返す場合

・胆嚢がんの可能性がある場合

・右肩こりや右背部鈍痛、脂っこい食事の後に腹部に不快感がある場合

■東京外科クリニックで行う胆石症手術について

胆石を含む胆嚢ごと摘出するのが標準手術であり、胆石だけを取り除くのは常識的ではありません。当院は腹腔鏡によりキズが小さく痛みが少ない手術が可能です。
(日本内視鏡外科学会技術認定医が全例執刀します)

東京外科クリニックの実績上、炎症を伴わない胆石については大概が日帰りで可能です。
炎症を伴ったことがあるもの、つまり胆嚢炎があったものは慎重に日帰り手術を検討します。炎症の程度によっては入院をお勧めすることもあります。

ひとたび入院を指示されると5日前後の入院となる病院が多いため、まずはご自身が日帰りの適応なのか当院にご相談されるとよいと思います。

術前の検査結果など総合的に判断し、患者様にあった治療を提案します。

■文責
医療法人社団博施会理事長 大橋 直樹

このページの先頭に戻る