虫垂炎(盲腸)の手術は東京外科クリニックにお任せください。術中完全無痛・腹腔鏡手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・土】9〜14時【水〜金】9〜16時半
※14〜16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

虫垂炎の日帰り手術

盲腸・虫垂炎でお腹が痛い人

「虫垂炎(盲腸)による、急なお腹の痛み・・・」

それが、大事な仕事中、楽しいお出かけ中などに、急に起こり、救急搬送された方もいらっしゃると思います。

このページでは、一度薬物療法で痛みはなくなったけど、“まだ手術をしていない”方へ、東京外科クリニックからアドバイスをお送りいたします。

虫垂炎は再燃する

薬物療法によって症状を抑えることを、「盲腸を薬でちらす」という表現でよく聞かれます。

これは、虫垂炎になったが、抗生物質の点滴などで手術を免れたということを指します。

では、手術はもう受ける必要はないのでしょうか?

実は、虫垂炎は再燃する危険性があります。

それがもし、学業や仕事あるいは旅行など人生の大切なときだったらどうでしょう。

虫垂炎の手術をしたほうがいいのか?

一度薬で散らして症状が落ち着いた方も、手術をするメリットはあります。

なぜなら、虫垂炎の再発率は20%程度との報告があり、5人に1人はまた虫垂炎を再発する可能性があるからです。

再発した場合、最低でも数日間の入院が必要になるでしょう。

社会で活躍するビジネスパーソン、家庭を支える女性の方がもし、数日間の入院をすることになれば、そのデメリットは言うまでもないでしょう。

待機的虫垂炎切除

近年では、虫垂炎の炎症がひどいときは抗生物質で治療し、落ち着いたタイミングで改めて虫垂切除を行うという治療計画が一般的になってきました。

これを「待機的虫垂切除」といい、緊急で行われる虫垂切除と比べて、手術前検査や準備をきちんと行うことができます。また、術後の経過が安定しており社会復帰も早いといったメリットもあります。

当院では、待機的虫垂切除をキズが小さい腹腔鏡で、しかも日帰りで行われるようにしております。

多忙な日々を過ごす、ビジネスパーソンや家庭を持つ女性の皆さまは、「手術をしたいけど、数日間入院するのは厳しいな・・・」と悩まれる方が多いと思います。

そのような方のために、当院のような日帰り手術に特化した医療機関が存在します。

「薬でちらされた」患者様はその後の再燃予防のためにご相談いただければと思います。

虫垂炎(盲腸)とは?

一般のかたにとって盲腸(モウチョウ)という呼び名で知られている病気、正しくは虫垂炎(チュウスイエン)というものです。

虫垂とは、小腸が大腸に切り替わる場所に付属する、管腔様の臓器です。ここに何らかの原因で炎症が起きることで、虫垂炎になります。

よくある質問

虫垂炎を根治するには手術しかないのでしょうか?
はい。薬物治療だけでは根治にならず、再び虫垂炎になる危険性があります。
その可能性については個別の診察や検査が必要です。
詳細はお問い合わせください。
虫垂を全て切除しても困ることはないのでしょうか?
日常生活において後遺症となることはまずありません。
たしかに、虫垂も人体において何らかの役割があるという報告もありますが、炎症を繰り返しうる臓器を切除することは多くの状況で十分なメリットがあります。
虫垂切除後の生活はどうなりますか?
厳しい制限はありません。ご帰宅当日は消化のよいものにしてください。
アルコールは手術後少なくとも3日ほど控えていただくことが勧められます。
どんな医師が執刀しますか?
日本外科学会認定外科専門医もしくは日本内視鏡外科学会認定技術認定医が執刀いたします。
経験症例は虫垂切除術だけでも200例以上の者が担当します。待機的虫垂切除の術後は大きな合併症のリスクは少なく安心して受けていただきます。

このページの先頭に戻る