鼠径ヘルニア手術の痛みが不安な方は東京外科クリニックにご相談を。専門の医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・土】9〜14時【水〜金】9〜16時半
※14〜16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

鼠径ヘルニア術後慢性疼痛専門診察

鼠径ヘルニア術後慢性疼痛専門診察枠開設のお知らせ

東京外科クリニックでは、鼠経ヘルニア手術を受けた後、痛みがなかなか取れないという方のために、慢性疼痛専門の診療枠を設けております。

対象となる方

鼠径ヘルニアの手術を受けて3か月以上経過しても痛みがとれない患者様。
(他院でヘルニア手術を受けたという方でもでも結構です)

診察内容

慢性疼痛の検査・鑑別診断および治療の提案、痛みとの上手な向き合い方の提案をいたします。

診察料金

診察は原則保険診療となります。料金は診察内容によって変動します。

診察日

診察日は不定期となっております。
担当医師の都合がつく日に受診希望の患者様から一定数のお申し込みがありましたらご案内させていただきます。
受診希望の方はまずお電話(03-5283-8614)もしくは問い合わせフォームでエントリーをお願いいたします。
(オンライン予約システムはお使いいただけませんので、ご注意ください。)

担当医師紹介

成田匡大(なりたまさとお)
成田匡大医師

京都大学医学部臨床准教授、京都医療センター鼠径ヘルニア専門外来担当

2009年京都大学医学部医学研究科博士課程卒業
西の最高学府京都大学医学部肝胆膵外科学教室の准教授を勤める傍ら、成人鼠径ヘルニアとくに術後慢性疼痛の研究と診療をライフワークにしている。
難解であるうえに、担い手も少ないこの領域に研修医の頃から取り組んでいたのは、彼の敬愛した師匠 故 山本俊二先生の遺した言葉ゆえであった。
「成田、これからは慢性疼痛や。華々しい手術を次々に決めるのもオマエなら難ないけど、慢性疼痛に地道に付き合ってやれるのはオマエしかできん」

師匠の言葉を胸に15年。京都の成田医師の外来では毎週金曜日、全国各地から慢性疼痛の患者さんが長い列をなす。

成田医師の最近の業績

鼠径ヘルニア手術で知っておくべき神経解剖 −術後神経因性疼痛の発症ゼロを目指して−
2018年日本ヘルニア学会定期学術集会教育講演
その他成田医師の学会発表と論文はこちら

慢性疼痛専門診察枠について

鼠径ヘルニアの手術を受けたは良いものの、手術後の痛みや違和感がなかなか改善しない患者様は、術後慢性疼痛の状態であることが疑われます。

東京外科クリニックの手術は幸いにしてこうした合併症の発生はほとんどありませんが、全国的には依然術後トラブルの大きな割合を占めております。
当院は全国有数のヘルニア治療施設として、こうしたお悩みの患者様の診察希望を多数頂戴するものの、これまでは自院の手術業務に手いっぱいで、他院で手術を受けた後の患者様のご相談には十分お答えできていませんでした。

その心苦しさから、当院は慢性疼痛の専門家の診察枠の誘致を検討し続けてまいりましたところ、このたび、第一人者と誰もが認める医師に診察をお願いできるまでに親交を深めることができました。
成田匡大医師。彼こそ慢性疼痛という難解な分野に関し真摯に取り組み、研究・論文・治療全てに渡り他を圧倒する業績があります。
これまで京都まで診察に通っていた患者様も当院で診療が受けられるようになりましたので、診察のお申し込みをお待ちしております。

このページの先頭に戻る