鼠径ヘルニア手術の痛みが不安な方は東京外科クリニックにご相談を。専門の医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・土】9〜14時【水〜金】9〜16時半
※14〜16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

そけいヘルニアと麻酔の専門家によるチーム手術
「術中完全無痛」+「腹腔鏡(内視鏡)」による痛み対策

当クリニックでは、「術中完全無痛」+「腹腔鏡(内視鏡)」による日帰り手術を行っております。
この方法の場合、手術中の痛みは全くなく、手術後の痛みも少ない傾向にあります。

専門の麻酔科医チームによる万全な痛み対策

そけいヘルニアは、物理的に穴が空いてしまった状態のため、根治のためには手術を行うしか方法がありません。しかし、患者さんが手術に踏み切れない要因の一つに、「痛み」に対する不安があります。

当クリニックの日帰り手術では、専門の麻酔科医チームによる麻酔を行っており、手術時の痛みは全くありません。その他、合併症に対する安全管理はもちろん、手術後の日常生活への早期復帰なども考慮して、患者さん一人ひとりに最適で快適な麻酔量を調整いたします。

最小限の麻酔で目覚め後も快適

通常、全身麻酔は長時間の手術を想定して使用される場合が多いため、その際には麻酔薬もそれなりの量が必要でした。しかし、当クリニックで行うそけいヘルニア日帰り手術の場合、麻酔が効いて快適に眠っていられる時間を30〜40分程度に抑えているため、手術後30分程度で正常に動くことができるようになります。

痛みが怖くて手術に踏み切れない方も、手術を受ける時間がなかなか取れないという方も、当クリニックのそけいヘルニア日帰り手術であれば、短時間で快適な手術を受けていただくことができます。

このページの先頭に戻る