鼠径ヘルニア手術の傷が不安な方は東京外科クリニックにご相談を。専門の医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火水金土】9〜17時半 【木】12〜17時半
※木曜以外の14〜16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

「治す」+「痛くない」=ファーストクラスの医療を
そけいヘルニア手術後の傷の小ささ

当院で行っているそけいヘルニアの腹腔鏡手術は、その傷の小ささが魅力です。
切開や単孔式は手術によって残る傷が大きくなってしまいますが、当院の腹腔鏡手術では、5mm〜3mmの器具を使っていますので、傷が小さく目立ちません。
また、手術による痛みが少ないというのも大きな、魅力です。

腹腔鏡手術による傷の例

へそ5mm、右5mm、左3mmの場合の傷になります。

腹腔鏡へそ5mm

腹腔鏡右5mm

腹腔鏡左3mm

いずれの傷も小さく済んでいます。
また、下は手術後3ヶ月経過したときの写真ですが、このころには赤みも消え、さらに目立似にくくなっています。

腹腔鏡へそ5mm

腹腔鏡ではない場合の傷の大きさ

当院では5ミリもしくは3ミリの器具を可能な限り使っています。
以下の術式もありますが、いずれも5ミリのものより痛みが強いと考えていますので、5ミリ以下の器具だけでは済ますことができない場合に限定して、以下の術式を行うことがあります。

鼠径部切開法

鼠径部切開法による傷の後
鼠径部切開法(いわゆる開腹)による手術のキズです。

腹腔鏡下(内視鏡下)ヘルニア手術

腹腔鏡下(内視鏡下)ヘルニア手術の傷の後
従来の臍12ミリの腹腔鏡下(内視鏡下)ヘルニア手術です。臍のキズは大きく目立ち、5ミリのものより痛みが強くなります。

単孔式腹腔鏡下ヘルニア手術

単孔式腹腔鏡下ヘルニア手術の画像
単孔式腹腔鏡下ヘルニア手術です。キズは一か所で済みますが、その一か所が3 センチと大きく、5ミリのものより痛みが強くなります。

このページの先頭に戻る