東京外科クリニックでは、高品質の器材と材料を使用し鼠径ヘルニア手術を行っております。専門の医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・土】9〜14時【水〜金】9〜16時半
※14〜16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

高品質な器材・材料の使用

鼠径ヘルニアの手術で使用しているメッシュについて

現在の鼠径ヘルニア手術に欠かせないメッシュ

鼠径ヘルニアの手術において、昔は穴を糸で縫って縛り閉じるしか方法がありませんでしたが、その治療では再発率が高く、現在ではメッシュを入れて穴を面で覆う治療法が一般的となっています。

使用するメッシュには、主にポリプロピレンやポリエチレンという素材が使用されています。
ポリプロピレンは、おむつや医療用の衣料、エアーフィルターなどにも使用されている素材です。このポリプロピレンメッシュを体内に入れることに不安を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、非常に高い安全性が確認されており、多くの医療機関で使用されているものですので、どうぞご安心ください。

当院ではより痛みや違和感の少ないメッシュを使用しています

鼠径ヘルニア手術に使われるメッシュ

鼠径ヘルニア手術に使用するメッシュにはヘビーウエイトメッシュ、ライトウエイトメッシュがありますが、当院では痛みや違和感がより少ないライトウエイトメッシュを使っています。このライトウエイトメッシュはヘルニア学会でも推奨されているものです。

メッシュの扱いを心得たドクターが手術を行っています

企業共催シンポジウム「再発・疼痛の合併症を防ぐ為に今、何ができるか?」

鼠径ヘルニア手術において、メッシュがずれないようにすることは重要です。
当院が使用しているラッププログリップというメッシュは、細かいフックになっていて、組織にはりつくことでメッシュがずれないようになっています。
このタイプのメッシュは取り扱いが難しいのですが、当院のドクターは全員このメッシュの扱いを心得ております。

過去に、ヘルニア学会とメッシュのメーカーによる、鼠径ヘルニア手術におけるメッシュの活用方法についてセッションが行われました。
セッションには大橋院長と松村医師が演者として登壇し、ラッププログリップの有用性を参加者のドクターにお伝えしました。

ラッププログリップの有用性について講義する松村医師

このページの先頭に戻る