東京外科クリニックでは、高品質の器材と材料を使用し鼠径ヘルニア手術を行っております。専門の医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・土】9〜14時【水〜金】9〜16時半
※14〜16時は電話に出られません

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

オペ室の完備

高性能な機械

麻酔器

麻酔器

導入している機械の性能は、手術室における最も重要なポイントです。
その中でも、麻酔器は患者様に安全に手術を受けていただくために重要な機械です。
病院によっては麻酔器も古く、簡単な機能しかついていない病院もありますが、当院ではGEヘルスケア社製の最新の高性能麻酔器を導入しております。

この麻酔器には安全装置がついており、手術中、肺のふくらみを保ち、手術後の酸素濃度の低下を予防することが可能です。また手術中は麻酔器から肺に酸素を送っていますが、その酸素の容量と圧をちょうどよく保つ機能もあります。

全身麻酔は患者様にとっては快適なものですが、非常にデリケートなものです。

当院には、全身麻酔に適切に対応できる機械と、それを操作する麻酔医がいることで、患者様に安全に手術を受けていただくことが可能となります。
また、麻酔科医のドクターからも、「とてもいい機械がそろっていて、大変仕事をやりやすい」と評判で、“良いものがちゃんとおいてある、ここなら安心して仕事ができる”と信頼されています。

腹腔鏡(内視鏡)システム

腹腔鏡(内視鏡)システム

当院の鼠径ヘルニア日帰り手術の特徴である、
「傷が小さく、痛みの少ない手術」の実現を支えるのが、この腹腔鏡システムです。
腹腔鏡システムは、鼠径ヘルニア手術において医師の目となり、手となります。

当院では、患者様へより良い手術を提供するために、世界トップシェアのオリンパス社製最新システムを導入しております。
なぜなら、フルハイビジョンによる高画質な観察性能は、安心、安全、迅速な手術を行う上で非常に重要なポイントだからです。

高周波手術装置

高周波手術装置「サンダービート」

当院では予期せぬ出血などにも万全の体制を整えており、それを支えるのがこの高周波手術装置です。
当院は、オリンパス社製の最新のテクノロジーを有したエネルギーデバイス「THUNDERBEAT(サンダービート)」を導入しています。

腹腔鏡手術では、万一の出血時に、いかに迅速かつ確実に止血するかが非常に重要になります。大きくおなかを開けて行う開腹手術に比べ止血処置に技量を要するからです。
サンダービートは、電気と超音波の2つの異なるエネルギーの良い特徴を併せ持つことにより、非常に優れた止血能力を有しており、万一の出血時に力を発揮します。

万全の安全対策

万が一に備えた薬の常備

手術室

当院では、ほとんど使用せずに、使用期限を迎えてしまう薬も数多く備えています。手術において起こりえる不測の事態を想定しているからです。
万が一そのような事態が起きた場合にも最大限対応できるように、ほとんど出番がなく捨てしまうことになる薬も、患者様の命をお守りするためにしっかりと完備しているのです。
開院以来まだ1回も使ったことはないですが、AEDなども置いています。

徹底したヒューマンエラー防止対策

手術前には、ミス・誤認を防ぐため手術前診察を徹底し、手術中の確認もスタッフ用、医師用のマニュアルを完備し、ヒューマンエラーがないよう、対策を徹底しています。

このように、患者様に安全な手術を提供するために、リスクマネージメントのインフラを完備しているのです。

一切妥協のない感染対策

当院では感染リスクを防ぐため、以下の機械を導入し手術器具の消毒を徹底して行っています。

ウォッシャーディスインフェクター

ウォッシャーディスインフェクター

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

ガス滅菌器

ガス滅菌器

これら3つの機械を使うことで、菌が一匹もいない状態を作り出し、感染対策をしています。そのため、昨今ニュースなどで話題になっている院内感染、滅菌不足、使いまわしなどは当院では起こりえません。

このページの先頭に戻る