乳腺外科手術は東京外科クリニックにお任せください。 関大仁医師による手術を受けることができます。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火〜土】9:00〜12:00

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問合せはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

関大仁医師による日帰り乳腺外科手術

乳腺の手術は紹介状が必要です。当院では詳しい検査ができません。


テレビ番組などでも有名な関 大仁医師の日帰り乳腺外科手術が当院でお受け頂けます。

関医師は現在慶應義塾大学外科学教室の所属であり、各地で乳腺専門医として活躍しております。

関医師を指名される患者様が治療を受けやすいよう、東京外科クリニック乳腺外科が開設されました。

”しっかり治す”と”きれいに治す”の両立を目指します

癌の根治性のみならず、「手術跡が目立たない」「乳房の変形が少ない」ことは、女性にとってたいへん重要なことと考えております。

当院では傍乳輪切開法(乳輪に沿って皮膚切開する方法)などを用いて手術の跡が目立たない工夫を行っております。

日帰り手術の利点を生かします

入院したくない、仕事を休みづらい、家を留守にできないなどの患者様のニーズに応えた治療を行います。

全身麻酔の場合でも術後1時間程度で帰宅が可能です。

主な対象疾患

乳腺悪性腫瘍(高度進行のものを除く)及び悪性の可能性がある乳腺腫瘍

お気軽にお問合せください

画像診断により悪性腫瘍の可能性があればほとんどの症例を承ることができております。

ご予約、紹介の方法、手順につきましては、当院代表TEL:03-5283-8614にお気軽にお問合せください。

関 大仁医師 紹介

東京外科クリニック乳腺手術顧問
慶応義塾大学医学部外科学教室助教、北里研究所病院ブレストセンター長など歴任。日本乳癌学会Excellent Presentation Award受賞。

7000演題のうちの10人に選抜されその名を全国に知られることとなった。

関の乳がん手術が日帰りで受けられるのは東京外科クリニックだけです。ご指名いただく患者様の待ちが少なくなるように工夫しています。

学歴

東邦大学医学部 卒業
慶應義塾大学大学院医学研究科外科学卒業 医学博士号取得
イギリス リバプール大学医学部 留学

主な職歴

平成20年 慶應義塾大学医学部外科学教室 助教
平成24年 北里大学北里研究所病院 ブレストセンター センター長
平成28年 JCHO埼玉メディカルセンター ブレストセンター
東京外科クリニック 乳腺外科
海上ビル診療所 乳腺科

主な学術業績

和文
  • 1. 原発性乳癌の病態と治療指針 Luminal乳癌術後ホルモン療法, カレントテラピー, (0287-8445)29巻5号 Page380-384, 2011
  • 2. 乳癌の予後因子 乳癌における新たな予後因子としてのHOXB9遺伝子, 日本臨床 (0047-1852)70巻増刊7 乳癌 Page166-169, 2012
  • 3. 広範囲乳管内進展および腋窩リンパ節微小転移を伴う乳腺Glycogen-Rich Clear Cell Carcinomaの1例, 癌と化学療法, 43巻2号 Page239-241, 2016
  • 4. 安全性と整容性を追求した傍乳輪切開による乳房再建術の工夫, Oncoplastic Breast Surgery 4(1):22-26, 2019
英文
  • 1. HOXB9 expression promoting tumor cell proliferation and angiogenesis is associated with clinical outcomes in breast cancer patients, Ann Surg Oncol, 19(6):1831-40, 2012
  • 2. A novel nipple-areola complex involvement predictive index for indicating nipple-sparing mastectomy in breast cancer patients, Breast Cancer,26:808-816,2019
  • 3. Efficacy and Safety of Palbociclib and Fulvestrant in Japanese Patients With ER+/HER2- Advanced/Metastatic Breast Cancer, in vivo 33: 2037-2044. 2019
  • 4. Utility of the periareolar incision technique for breast reconstructive surgery in patients with breast cancer, Surgery Today, 50:1008-1015, 2020
  • 5. A novel MRI-based predictive index can identify patients suitable for preservation of the nipple-areola complex in breast reconstructive surgery, European Journal of Surgical Oncology,47:225-231, 2021

受賞

  • 第26回日本乳癌学会総会 Excellent Presentation Award
  • 第28回日本乳癌学会総会 Best of Breast Cancer award
  • 第16回日本乳癌学会関東地方会 地域推薦演題 優秀演題賞
  • 第5回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会パネルディスカッション感謝状
  • 第6回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会パネルディスカッション感謝状
  • European Society for Medical Oncology Asia 2018, Travel Grant
  • The 22nd Annual Meeting of Chinese Society of Clinical Oncology, Travel grant

専門医・指導医・認定医資格

  • 日本乳癌学会専門医・指導医
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • がん治療認定医
  • マンモグラフィ読影認定医

このページの先頭に戻る