東京外科クリニック

第15回日本ヘルニア学会学術集会
企業共催シンポジウムに登壇しました

2017年6月3日(土)に開催された、第15回日本ヘルニア学会学術集会企業共催シンポジウムで、プログリップメッシュという新しい素材を用いたヘルニア手術について、大橋医師とその友人を含む4人の専門家が熱く語りました。

メッシュのずれや捲れに起因する再発を予防することはヘルニア専門家の悲願です。
プログリップは従来のメッシュの弱点を克服できる可能性があることが今回のシンポジウムで共有され、討論は大いに盛り上がりました。


第28回 日本内視鏡外科学会総会 パネルディスカッションに登壇しました

このたび、そけいヘルニア日帰り手術責任者の大橋医師が2015年12月10〜12日に大阪で開催された日本内視鏡外科学会総会のパネルディスカッションに登壇しました。

腹腔鏡(内視鏡)手術に関連する学会としては国内最大規模であり、かつパネルディスカッションとなると全国から腕に覚えありの外科医が集結。大橋医師参加のセッションでは演題の応募がたいへん多く、規定8演題に対し60演題以上の応募があったそうです。当クリニックの演題が狭き門をくぐることができまして、光栄でございます。

内容は大橋医師が以前から提唱してきた「再発ヘルニアの分類とその治療戦略」ですが、会場は超満員!全国の外科医に情報を発信でき、公開討論も盛り上がりました。

この活動がより良い治療に繋がり、患者さんのお役にたつことを願っております。
ご協力くださいました諸兄に感謝申し上げます。

関連ページ


ご予約はこちら   お問合せフォームはこちら

医療法人社団博施会の公式ホームページはこちら

鼠径ヘルニア豆知識