鼠径ヘルニア・脱腸の治療、日帰り手術は東京外科クリニックへ。専門の医師による「腹腔鏡(内視鏡)」を用いた、傷が小さく、痛みが少ない日帰り手術。

東京外科クリニック|外科 そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術

平日・土曜20時まで診療
電話予約【火・木・土】9~14時
      【水・金】9~16時半

各種保険取扱
社保・国保取扱い
労災保険指定医療機関

電話番号:03-5283-8614

患者様・医療機関様以外のお問い合わせはこちら

御茶ノ水駅/小川町駅/淡路町駅 他、複数路線利用可能です

当院の新型コロナウイルス感染対策について 新型コロナウイルス感染症流行時に関するよくある質問をまとめております

患者様へのお願い

お電話には極力でられるように努めますが、繋がりにくい場合は問い合わせフォームをご活用ください。

問い合わせフォームはこちら

膨らんでる様子を写真にとっていただきメールなどで送っていただくと対面の診察の必要性に関して受診前に助言できます。無用な外出を避けるためにご活用いただければ幸いです。写真の送信先はお問合せいただいた後にお伝えいたします。

膨らみを伴わない鼠径部の痛みや違和感はこの情勢下では不要不急であることがほとんどですので、当面の受診をお断りします。(当院での手術後の患者様の相談を除く)

  • ご紹介いただく先生方へ
  • 日帰り手術の流れについて
  • プレスリリース・取材依頼
  • 鼠径ヘルニア豆知識
  • 虫垂炎(盲腸)豆知識
  • 鼠径ヘルニア通信
マンガでわかる 鼠径ヘルニアは日帰り手術で治る ~痛みが少ない腹腔鏡手術の秘密~ マンガでわかる
虫垂炎(盲腸)は日帰り手術で治る

東京外科クリニックは日帰り手術を中心に行う外科クリニックです。各手術を専門的に行っているドクターを招聘し、日本で一番多くの日帰り手術を提供することができるクリニックを目指しています。

東京外科クリニックが提供する日帰り手術・外科手術

傷が小さく、痛みの少ない、副苦境による鼠径へニア日帰り手術を提供しております。
「術中完全無痛」+「腹腔鏡」によるキズが小さく痛みの少ない鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り手術を提供いたします。
詳しくはこちら
山高篤行医師による小児外科の日帰り手術を行っております。
山高篤行医師による小児外科では、鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、尿道、睾丸、陰茎などの手術のほか、胸腹部の重要臓器を扱う大手術まで幅広く取り扱います。
詳しくはこちら
乳腺専門医として活躍する関 大仁医師による日帰り手術を提供しております。
各地で乳腺専門医として活躍している関 大仁医師による日帰り乳腺外科手術を提供いたします。
詳しくはこちら
乳腺専門医として活躍する関 大仁医師による日帰り手術を提供しております。
大腸癌手術エキスパート平能康充医師による 大腸癌の腹腔鏡手術を行っております。
詳しくはこちら
虫垂炎(盲腸)の日帰り手術を傷の小さな腹腔鏡にてご提供します。
虫垂炎の日帰り手術をキズが小さい腹腔鏡で提供いたします。「薬でちらされた」患者様はその後の再燃予防のためにご相談下さい。
詳しくはこちら
胆石や胆のうポリープの日帰り手術をキズが小さい腹腔鏡で提供いたします。
胆石や胆のうポリープの日帰り手術をキズが小さい腹腔鏡で提供いたします。
詳しくはこちら
切り傷・やけどなどの治療も負い個なっておりますので、お気軽にご相談ください。
日常生活で生じる傷病の治療も積極的に行っています。診療時間内であれば、頭部外傷や切り傷、やけどなど対応いたしますのでお気軽にご連絡ください。
詳しくはこちら

東京外科クリニックの鼠径ヘルニア日帰り手術が選ばれる6つの理由。


そけいヘルニア治療 初診予約のご案内

予約は当日でも可能です。お電話もしくは予約フォームをご利用ください。
ご予約をいただかないで直接来院された場合、診察できないことがありますのでご注意ください。

※予約フォームのご利用は、鼠径部の膨らみを自覚している方、成人(15歳以上)の方のみです
 再診もしくはその他の病気の診察は電話でご予約を承ります(03-5283-8614)。
※電話予約の受付時間は、【火・木・土】9~14:00【水・金】9~16:30

手術をご希望の方へ

手術に際しては事前診察が必要となります。
手術をご希望の方は、より安全に手術を受けていただくために原則2週間前までに診察の予約をお願いしております。心臓の疾患、呼吸器の疾患をお持ちの方、70歳以上の方は精密検査が必要になる場合もありますので1ヶ月前に受診していただけると助かります。

理事長 大橋 直樹よりご挨拶

このたびは東京外科クリニックのサイトをご覧くださいまして誠にありがとうございます。

お蔭様で当クリニックは開院より5年目を迎えました。成人鼠径ヘルニアを担当する小職のもとに強力な仲間たちが集いさらなる成長を遂げました。

胆嚢や虫垂を含めた腹腔鏡外科のみならず、小児外科および乳腺外科の専門家も実績を伸ばし、各々が腕をふるう総合的な日帰り手術施設として成長してまいりました。

令和2年6月現在、我々は2,000を超える日帰り手術を完遂いたしました。

多くの患者様からお選びいただけたのは、優れた技術と設備に裏打ちされ合理化した、当院独自の診療体制がご評価いただけたためであると考えています。

当院の特色でもある通院回数の少なさや、専門医の執刀による安心安全な日帰り手術が受けられる点は、ご多忙ながらも質の高い医療を求めていらっしゃる患者様のお役に立てているようです。

小職は長年ヘルニア治療に従事してきましたが、10年以上前は何日も入院して鼠径部を大きく切開する手術が主流でした。

やがて技術や機器の進歩に伴い腹腔鏡(内視鏡)手術により小さいキズで受けることができるようになり、平成27年(2015年)の東京外科クリニック開院を機についに「日帰りの腹腔鏡手術」という完成された医療に発展しました。

当クリニックは平成29年2月より都の認可を得て、個人診療所から、より公益性の高い医療法人立のクリニックに改組されました。

これを機に、「東京外科認定ヘルニア外科医制度」を発足し、根岸真人医師、星野明弘医師、松下公治医師を招聘しました。

彼らはヘルニア学会評議員や研究会世話人を歴任するなど、すでに全国的に活躍している上、当院の厳しい選考基準を突破した優秀な外科医です。

この3名の着任以来、力を合わせて多種多様なヘルニア手術に即応し、より安定した技術を患者様に提供しております。

令和2年は新型コロナウイルス感染症流行の対策を強化。さらに松下医師を中心とする学術論文プロジェクトが鋭意進められ、プロフェッショナル集団としての信頼を蓄積しました。(『5mmの創で行うプログリップメッシュを用いたTAPP法』、『腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復の日帰り手術1400例の治療成績』の2本が外科系学術会誌に収載予定となっております)

皆様の受診を心よりお待ちしております。

クリニック紹介へ

院長経歴

平成16年 日本医科大学 卒業
同年医師国家試験合格、医籍登録
平成18年 初期臨床研修修了した後、
慶應義塾大学医学部外科学教室助教(平成18年4月~平成22年3月)
同教室人事にて国立病院機構栃木病院、埼玉社会保険病院、慶應義塾大学病院勤務
日本外科学会認定外科専門医を取得
平成22年 江東病院 外科
平成25年 浅草病院 外科
平成27年 東京外科クリニックを開設
平成29年 東京外科クリニック改組 医療法人社団博施会理事長に就任

資格


  • 実際の手術の映像をご覧になりたい方はこちら※刺激の強い映像となりますので、閲覧の際にはご注意ください。
  • 東京外科クリニック認定ヘルニア外科医の紹介はこちら
  • 医療法人社団博施会の公式ホームページはこちら
  • 鼠径ヘルニア専門サイトはこちら
  • 診療雑記帳-大橋直樹個人のブログ-
  • 鼠径ヘルニア豆知識
  • 虫垂炎(盲腸)豆知識
  • 鼠径ヘルニア通信
  • 当院の手術にご興味のある医師の皆様へ
  • 当院に患者様をご紹介していただく先生方へ
  • 当院の取り組み

このページの先頭に戻る